スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ましゅン。
 
[スポンサー広告
生まれました。
報告が遅くなりました。

2月23日土曜日、午後6時26分、2484グラムで元気な男の子を出産しました。


朝から何となく予感がしていたんだけど、ムチュメをお昼寝させたあと横になっていたら、2時過ぎから10~15分間隔で陣痛らしき痛みが。
3時少し前に、おなかの痛みのあとジョバジョバっと水が出た感じがして“破水したかも”と思ってトイレに行ってみたら、水っぽいものがポタポタ出て出血も始まっていました。
“きた始まった。”
急いで主人と父と義母に連絡したのが3時。
ムチュメを起こして荷物の準備をして、ミク日記を更新(笑)
20分後、父が帰宅して主人も迎えに来てくれたので、病院に連絡を入れて急いで向かいました。
3時半頃、病院に到着。
タイミングよく義父母も駆け付けてくれて、産婦人科の外来に行ったら車イスで分娩室へ。
この時点では、まだ会話ができる程度の痛みで10分間隔、子宮口も3センチ。
破水しちゃったし、母と笑いながら“まだまだかかりそうだね~夜中かな~”って話していたんです。
そしたら、10分間隔の痛みがあっとゆう間にドンドン強くなってきて、5時頃には子宮口が6センチに。
“まだ6センチかよ~”って思っていたら、助産師さんが“溜ってるオシッコを出すとお産も早く進むから、一度出しましょう”って言って管で出してくれました。
“これで一気にお産進むと思うよ~”って言われたと思ったら、さっきまで10分間隔だった痛みが5分→3分→1分と一気に縮まっていって…。
みんなビックリのスピードで、あれよあれよとゆう間に一気に出産になりました。
進みが早い分、すんごいしんどかったけど。


ムチュコは、パパにそっくり…とゆうか、ムチュメが生まれた時と一緒な顔をしています。
助産師さんが言うに、頭が出た時点ですでに元気に泣いていたらしいです(笑)
生まれてから、病院中に響きわたるくらい元気に泣いていました。
お風呂に入れてもらったあとは、2時間ずっと私の左腕でダッコ。
初めての写真もしっかりカメラ目線でした(笑)
おっぱいも上手に飲んでくれたし、大丈夫そうです。


ムチュメは、とゆうと…。
私が陣痛でフゥフゥ言っていた時は、母と一緒に“ママ、頑張って”って腰をさすってくれたり、“ママ、ジュース飲む?”ってジュースを飲ませてくれたり、手を握ってくれたり、御守りのついたクマのぬいぐるみを私の代わりに大事に大事に抱き締めて持っていてくれたり。
産み終わったあとは、顔を見るなり頭をなでなでしてくれて。
第二の助産師さんで、心の支えでした。
でもやっぱり、ムチュコをダッコしている私を見て、ちょっと様子はおかしかったんですよ。
私が病室に帰るなり、“もう赤ちゃんポンポンにいないから、ダッコできるね”って言われましたもん。
ヤキモチ、だろうな。
早くムチュメのことおもいっきりダッコしてあげたいです。


さあ。
明日から3時間おきの授乳生活スタートです。
ムチュコの名前も早くつけてあげたいし。
これから大変なこともあると思うけど、家族で力を合わせて頑張っていきます。


強くならなきゃ。
スポンサーサイト
Posted by ましゅン。
comment:0   trackback:0
[出産の巻
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。